大変遅ればせながら、5/21の分

5/21、
“2022 J1リーグ 第14節”
アウェイ,埼スタでの浦和戦
結果は1-1でドロー
先制したものの追いつかれ、
勝ち点『2』を逃してしまった

今日も感想のみ書きます
出場メンバー,試合経過等は、
オフィシャルHPをご参照ください
マッチレビュー

札幌戦と同じスタメン
控えもほぼ同じだが、
唯一異なったのが溝口
初のリーグ戦でのメンバー入り
残念ながらリーグ戦デビューはオアズケ
次はピッチに立ってもらいたい

試合開始早々歓喜の時
前半6分
優磨から和泉へ送り、
和泉が左前方の綺世へパス
綺世はフェイントでDFを躱し、
PA手前中央から強烈なシュート
GK西川に弾かれるが、
こぼれ球に反応したカイキが、
右足でダイレクトボレー
幸先良く先制する

リードを奪った後も、
鹿島が良い流れで試合を進める
だが追加点を奪えずにいると、
良からぬ展開へ
前半44分
クロスを防いだ郁万だったが、
VARの介入があり、
肘にボールが当たったとしてPK
これを決められ同点
故意ではなかったと思うが・・・

不運な失点を喫したが、
気合を入れ直して後半へ
気持ちを切り替えて後半に入るが、
チャンスを活かすことができず、
もどかしい時間が続く
運動量が落ちる中、
選手たちは懸命に戦ったが、
勝ち越すことはできず
聖真のバースデーゴールも観られず
悔しいドローとなった

ドローの原因は決定力不足
好調だった攻撃陣だったが、
浦和の守備を1回しか崩せなかった
12本のシュートを放ったが、
1本しか決められず・・・
9本のCKも活かせなかった・・・
失点は不運なPKだけ
守備陣が奮闘していただけに、
とても残念でならない

ZICOもレネ監督も、
選手もスタッフもサポたちも、
皆同じ思いだろう
決定力不足という課題は、
常にあるもの
泥臭くても構わない
貪欲にゴールを奪いにいくという、
アグレッシブな気持ちが大事
絶対に決めるという強い気持ちを、
シュートに込めてもらいたい

我々を含め、
今節は上位陣が軒並み足踏み
川崎Fもドローだったので、
勝ち点差は『1』のまま
不幸中の幸い
次こそは首位奪回をしたい

次節は5/25
聖地カシマでの鳥栖戦
中3日での試合となるので、
リカバリーが最優先
疲れを取り、
コンディションを整えて、
戦いに臨むこと
そして必ず勝利を収めること
鳥栖戦での完封勝利を祈る

最後に選手,スタッフ、
現地の鹿サポの皆さん、
お疲れ様でした
各地の鹿サポの皆さんも、
お疲れ様でした

A.K君もお疲れ様
T.A君&S.A君もお疲れ様
Yさんもお疲れ様
M.S君&T.K君もお疲れ様
H.H君もお疲れ様
R.W君もお疲れ様
Y.S君もお疲れ様

皆、ありがとう

鳥栖戦は絶対に勝とう

【了】

いつも応援をしていただき、
誠にありがとうございますm(_ _)m
お手数ではございますが、
以下のバナー
もしくはTOPページ左上のバナーを、
それぞれ一日1回“click”
していただければ幸いです
皆様のclickが励みになります
皆様の清き1-click×3を、
ぜひよろしくお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
Please click here!!


人気ブログランキングへ
Please click here!!


FC2ブログランキングへ
Please click here!!